ツーショットダイヤルで会話してる女性をヨシヨシっと慰めてあげたら、エロスイッチが入った

ギョーさん 47歳 男性 和歌山県 会社員
OLとテレホンセックス
OLとテレホンセックス

当方47歳の男性で会社員をしています。

独身一人暮らしということもあり、暇な夜はよくツーショットダイヤルを利用するんです。

以前和歌山市内のテレクラで美味しい思いを結構しましたし、女性とすぐに話せるというのが気に入ってるんですよね。

同じ和歌山市在住で盛り上がるツーショットダイヤル

ツーショットダイヤルで繋がったのは、24歳の女性。

職業はOLで、名前はヨリコ。

同じ和歌山市在住との事で、結構会話は弾みました。

例えば「地元ラーメン店でお気に入りのお店はある?」

「夜中に食べられるお店で美味しい所は?」

「普段どのお店に行くの?」

といった感じの地元ならではのトークで盛り上がりました。

電話で話してるうち、時間は夜の23時を過ぎました。

男性の私は出勤時間ギリギリに起きても十分間に合いますが、女性って朝の準備で結構かかりますし早く起きねばなりません。

そこで「そろそろ寝なくていいの?時間大丈夫?」

と聞くと、「あ、もうこんな時間!」

と急にヨリコは慌てだしました。

でも私との電話を切るのを名残リ惜しそうにしています。

「今日はじめて話したばかり、しかも会った事もない私のどこが気に入ったの?」

と聞いてみたら、声が良いとの事。

自分の声は高くて凄くイヤなんですが、これを言われることって結構あるんですよね。

クセが強い分、イヤに感じる人もいれば好きになってしまう方もいるみたい。

ヨリコは数少ない”声が好き”派の女性だったんでしょう。

まあ私自身声にコンプレックスを感じてるものの、声が好きと言われたら悪い気はしません。

ヨシヨシしたらスイッチON

「ヨリコは可愛いこと言ってくれる娘やな~ヨシヨシ」

と慰めてあげたんです。

このヨシヨシが効果的だったようで、ヨリコのテンションが変わりました。

ヨリコは若い女性なので声のトーンが高かったんですけど、これに甘えた声が加わった感じになったんですよね。

それまでは明るく話す娘っていうイメージだったのが、急に子どものようになったとでもいいましょうか。

「ヨシヨシって言いながら頭を撫でられるのが好きなの~」

とヨリコがカミングアウトしてきました。

ならもっとヨシヨシしてみたらどうだろ?と、更にヨリコにヨシヨシを投げかけます。

「ヨリコって声は若いし、愛くるしいよな~近くにいてたらヨシヨシって頭撫でてあげたのに~」

と。

甘えた声で話すヨリコに、「ギュっとしてあげるね~」

と伝えます。

もちろんヨリコがいるのは電話の向こうですから、実際にギュっとなんて出来ませんけどね。

それでもヨリコは嬉しかったようで、「ギュっとされちゃった・・・」

と甘えた声で話してきます。

「もしかしてヨリコ、ギュっとされるのも弱い?」

と尋ねると、

「ウン・・」

とヨリコは答えます。

可愛らしい声で甘えてくるヨリコと話してるうち、こっちもムラムラとしてきたんですよね。

さらにエロスイッチがON

「ヨリコを抱いてる所を想像したら、なんかムラムラしてきちゃったかも・・」

とヨリコに伝えます。

「え~~~」

とヨリコは返事するも、別段イヤそうにはしてません。

もしかしてヨリコもムラムラきてるかも?と探りを入れてみました。

「ヨリコもそういう雰囲気になってきてるよね?」

と。

「うん、なんかヨシヨシってされてから変な気持ちになったの・・」

「ギュっとされた時、ほんとにギュっとされてるような感じになって・・」

これを聞いてヨリコをテレホンセックスに誘ってみました。

今ならイケル!と。

「ヨリコ、胸を触ってみて。そう、ぼくに触られてると想像しながら」

「今パジャマかな?ならパジャマ脱いでみて」

「そう、下も脱いで下着姿になってね」

時折ヨリコに「脱いだ?」と確認しながら、ヨリコを裸にしていきます。

最終的にヨリコは下着だけになり、ベッドに仰向けに寝ました。

電話は左手で持たせ、右手でヨリコにアソコを触らせます。

「足を開いて指の腹で下着の上から触ってみて。クリってわかるよね?」

「円を描くようにクリ周辺を触ってみて。慣れてきたらちょっと強めに」

とヨリコにささやいてるうちに、ヨリコから

「ア・・・ンフ・・・」

と喘ぎ声が漏れ出しました。

「パンティーを脱いで指入れてみて?どう?」

と尋ねるも、ヨリコはもう返事をしてきません。

ただ、

「ア・・アン・・・・・ンフ~~」

と喘ぎ声を漏らすのみ。

そこで電話口をアソコ付近に置いて、指を出し入れしてる音を聞かせてとお願いしました。

ガサゴソっと音がしてから、しばらく無音状態に。

そのまま聞き耳を立ててると、たまに「ピチャピチャ」っていう音がするんです。

しばらくしてからヨリコから、「音聞こえた?」と聞かれました。

声の感じからして、どうも本当に指を出し入れしてる音を聞かせてくれたっぽいんですよね。

相互エロスイッチがON

私もこれには興奮し、自分のモノをしごいてました。

自然と私の声も荒くなります。

これにヨリコは気づいたようで、「もしかしてそっちもしてくれてる?」

と聞かれました。

「ヨリコの声聞いてるうちに我慢出来なくなって・・・今もしてる。凄い硬くなってるよ」

と返します。

「そうなの?私も今してる。そっちもしてるって思うと興奮してきたわ・・」

とヨリコは言ってからしばらくすると、ヨリコの声が一際大きくなって静かになりました。

そう、ヨリコはイったんです。

その後、ヨリコから

「ごめんイッちゃった・・。今日はありがとう。イったら急に眠くなったからこのまま切るね」

っと即切られました。

まあテレホンセックスは出来たものの、その後に繋げられなかったのは残念でした。

でも雰囲気的にヨリコは本当に私の声でオナニーしてイってくれたみたいですし、それはそれで満足しました。

ヨリコとはそれっきりですが、また繋がる事を期待してツーショットカードで遊んでます。

OLのヨリコさんとツーショットダイヤルでつながったギョーさん。
ギョーさんの声は高めで自分では好きではないそうですが、ヨリコさんは好きな声とのことで、会話も弾み徐々にエッチな方向へ。
そうしてテレホンセックスがはじまりました。
テレホンセックスしてみたいなと思っている人で自分の声が嫌だなと思っている人は気にする必要はありません。
好みは本当に人それぞれですので気に入ってくれる女性はいます。
声にコンプレックスある方も是非ツーショットダイヤルでテレホンセックスを楽しんでみてください。
あっさりとコンプレックスが消えるかもしれませんよ。


PAGE TOP