弱みを握った後輩OLを脅して…雪山で遭難して体を暖めあう内に…などテレHでイメージプレイを楽しんでます

さけまるさん 28歳 男性 東京都 会社員
下着を穿いてない後輩OLを犯すイメプ
下着を穿いてない後輩OLを犯すイメプ

僕は現在28歳の会社員の男性です。

日ごろ特に性を発散することのない僕はSkypeの掲示板でテレホンセックスを行うための女性を探すことにしたのです。

掲示板で「タグ」と呼ばれる特定のキーワードで「テレホンセックス」と検索すると沢山の女性がヒットしました。

その中の一人二コンタクトをとってみると驚くほどあっさりと連絡が取れテレホンセックスを即日に行う手筈となったのです。

弱みを握った会社の後輩に…

第一に行ったシチュエーションとしては「会社の先輩と後輩」という物であり、正直テレホンセックス初心者の僕には少々難易度の高いお題だと思ったのですが彼女がぜひともこのシチュエーションで行ってみたいと熱望したのでこれも経験だと思いこれを受けたのです。

彼女は気弱な後輩で先輩である僕は彼女のふと発見した弱みである「仕事中に下着をつけていない露出狂」という趣味を発見し仕事中でもプライベート中でも彼女をいじめているという設定です。

彼女の下着をつけていない秘部をぐちょぐちょとかき回し、時には舌でいやらしい音を出しながらクンニを僕はしています。

彼女の反応としては声をできるだけ抑えようとしているものの、声にならない声を時折あげ、最終的には大きな声で絶頂に達してしまうのです。

はじめてのテレホンセックスでまさかの僕側がS役でうまくできているのか不安だったのですが、彼女は見事絶頂に達することができていたと言っていたのでセックスは成功していたのです。

僕に関しても射精をきちんと行う事ができていたので、もしかしたら僕にはSっ気があるのではないかと今後のテレホンセックスに活かしてみようと思います。

雪山で遭難し裸で体を温めあううちに…

その後日同じ女性と再度テレホンセックスを行おうと僕から連絡を行い、彼女もその要望に快く答えてくれました。

第二のシチュエーションとして僕が提案したのは「雪山で遭難し裸で体を温めあううちにそのまま致す」という物です。

これは僕が好きなとある小説に出てくるシチュエーションであり、テレホンセックスの題材としても非常に良い物なのではないかと思ったのです。

彼女にこのシュチュを伝えたところあまりのマニアックさに困惑していましたが、何とかやってみると前向きな意見をもらう事が出来たのです。

雪山で二人スキーに訪れ遊んでいる途中に猛吹雪に遭遇、拠点に帰る事も出来なくなり二人吹雪の中を歩いている途中ボロボロな小屋を発見します。

その中には緊急用に毛布と木材と着火剤があったのですが、それでも室内の気温は寒いまま。

そこで僕たち二人は裸で抱き合う事にし、その上に毛布を掛けてその場をしのごうとしたのです。

当然若い男女裸で抱き合っていれば劣情を催すこともあります。

ちらちらと見える彼女の乳首や僕の興奮したペニスが彼女のなめらかな背中に当たっている状況に、二人とも興奮していくのです。

僕はこの段階で射精をしており、テレホンセックス中の彼女は言葉に熱が入ってきます。

熱が入ると同時に達したと報告もありましたが、劇の中の僕らはこれから本番行為を行います。

二人で座面体位に体を移し、いざペニスを彼女の膣内に挿入します。

周囲の凍える環境でうまく彼女の膣内にペニスが入らないもどかしさに僕はより一層興奮し、彼女の寒さでギンギンに勃起した乳首を人差し指で徹底的にいじくります。

ペニスが膣内の奥に入ると二人は小刻みに揺れ快感をむさぼります。

このころには周囲の寒さなんて気にならない程度であり、若干汗ばんで二人はセックスに夢中です。

そしてフィニッシュの最後には汗ばんで急速に冷えた体とセックスによる体力の消耗で二人仲良く息絶えるという設定でした。

最後の設定だけは彼女は納得がいっておらず、死オチは嫌いだと言っていいました。

さけまるさんはイメージプレイが好きなんですね!
雪山で遭難はなかなか壮大で驚いてしまいました。
ですが、それほどのイメプとなると声だけで想像力を膨らませやすいテレホンセックスが確かに向いていますね。
実際には難しい過激なプレイも電話エッチならできちゃいます。
さけまるさんの他にもあった特殊なイメプなどまだまだ聞いてみたいですね。


PAGE TOP